人見知りでも大丈夫!男の婚活パーティーのコツと必勝法

こんにちは、婚活アドバイザーのロッジカルーソン3世です。

 

今回は、婚活パーティーでカップリングするための必勝法についてお話ししていきますね。

 

しかし、勘違いしてはいけないのが、結婚パーティーで遊び相手を見つけるのではなく、結婚相手の候補を探すための必勝法であることです。

 

 

テクニックだけで、強引にカップリングして、その後、上手くいかなくても意味ないし、逆に、10回パーティーに参加して1回しかカップリングできなかったとしても、結婚につながれば成功なのです。

 

 

婚活パーティーでは、多くの女性と接することができるので、全然カップリングしなかったら焦るし、何度も参加していくうちに、場慣れしてしまって一人一人を雑に扱ってしまう場合もあるでしょう(こうなった場合は、一旦婚活パーティーから距離を置いて他のサービスを検討する必要もあるが)。

 

 

しかし、女性一人一人への接し方を丁寧で誠実に、そして、パーティー後は、偏見的な考えを入れず、論理的に自省しながら、忍耐を持って参加することが成功につながるのです。

婚活パーティーでカップリングした男女

 

 

だからといって、初めからエイヤと婚活パーティーに参加してしまうのでは、効率が良くない。

 

 

はじめは、このページに書いてある婚活の必勝法を頭に入れて、婚活パーティーに参加すると、成功まで時短となるのです。

 

 

もちろん、必勝法だけでは、上手くいかないことがあるでしょう。

 

 

なぜなら、このページの必勝法は、あくまでも万人向けの必勝法だからです。

 

 

一人一人、性格も顔も、ステータスも違います。

 

 

必勝法を頭にいれて、パーティーに参加した後、自分で反省を繰り返して、必勝法を自分なりに派生させて進化させることで、あなたにとっての本物の必勝法となるわけです。

 

 

参加するパーティーで不利・有利がマジで変わる!

婚活パーティーにはじめて参加しようと考えている人は、ピンとこないかもしれませんが、婚活パーティーの企画には、様々なものがあります。

 

 

年齢や年収で分けるものだけでなく、同じ趣味の人が集まるパーティーからスポーツ観戦や料理などの体験型、また、大会場ではなく、個室で入れ替わるパーティーもあります。

婚活パーティーの風景

 

 

感が良い人は、気づいたかもしれませんが、こういった企画内容で、ある程度、自分にとって有利か不利かを判断することができるのです。

 

 

たとえば、様々なサイトやブログで、言われつくされてることですが、年齢や年収が若い・高いなど、平均より有利な点があればそこに参加したほうがいいでしょう。

 

 

あなたが、34歳なら25歳〜35歳向けよりも32歳〜40歳の条件でくくったパーティーが有利であるし、年収が800万円なら、単純に安定した収入があるといった条件より、年収600万円以上といった括りがあるパーティーに参加したほうが女性からの信頼度が上がります。

 

 

さらに、自衛隊・公務員・警察官・消防士・弁護士・医師・経営者などの職業の括りがある人は、そういった参加条件があるパーティーに参加したほうが、女性もそういう男性を条件に足を運んでくるので有利なのです。

 

 

そして、最近、多くなってきたのがオタクに理解がある人のパーティーです。

 

 

自分がガチのオタクである人はもちろん、アニメ・ゲーム・漫画好きな人や相手がそれを好きなのことについて理解できる人なら、参加したほうが断然有利です。

 

 

なぜなら、オタクの彼女を受け入れられない人も多い中、あなたは受け入れられるということなので、それだけで、お互いの条件が大きく合致するからです。

 

 

まずは、参加するパーティーが自分にとって、有利な企画で開催している婚活パーティーサイトを選ぶことが成功の近道だというわけですね。

会話の伏線となるプロフィールの書き方

婚活パーティーで、女性があなたを判断するにあたり、顔、服装、雰囲気などの見た目を除けば、プロフィールだけということになります。

 

 

だから、自己紹介タイムが数分しかない中では、見た目と同様にプロフィールが大事になってくるのです。

婚活パーティーのプロフィールカード

 

 

そこで、プロフィールカード記入の基本ですが、なるべくきれいで丁寧に書くことです。

 

 

プロフィールに記入していることは、あなたの内面として見られます。

 

 

例えば、女性によって解釈に多少の差はあるでしょうが、大きくてゴツゴツした字だと”元気が良さそう”、小さめだと”控えめで気が弱そう”、普通の大きさできれいだと”調和がとれそうな人”のように、なんとなく判断されることがあります。

 

 

だから、雑に書いた字、汚い字だと、育ちが悪い、馬鹿っぽいなどといった悪い印象を与える可能性があるので、丁寧できれいな字を心がけて書くことが大事なのです。

 

 

 

もう一つ、プロフィールの内容は、基本的に相手が反応しやすく具体的に書くことがポイントです。

 

 

例えば、職業を会社員や自営業と書くのではなく、IT会社のプログラマーや不動産の営業など具体的に書くことで、相手がこちらの職業を想像しやすくなり、質問しやすくなるのです。

 

 

また、最近では、好きなものをイラストで描きましょうといったプロフィールカードを用意している婚活パーティーもありますが、そういった括りがなくともイラストを入れてみると他の男性と差別化することができるし、自分のことを覚えてもらいやすくなります。

 

 

ただし、反応してもらうために、ガチャガチャとプロフィールカードを書く人もいますが、イラストや色を混ぜすぎると子供っぽい、張り切りすぎ、ガツガツしすぎなどの印象を与えるので、プロフィールカードの項目をすべて埋める+1点イラストを入れるくらいが丁度いいでしょう(なるべく可愛く描いた方が親しみを持たれる)。

 

 

プロフィールにビックリマークを多用するのも、押しつけがましく強引な性格といった印象を与える可能性があるので注意が必要です。

 

 

例えば、好きな映画は〇○○!!みたいに書いたら、変な押しが強く、こだわりが強そうな性格に見られる可能性がありますよ。

 

 

こういう所って、意外と性格でるんですよねえ。

えっ!?会話よりも雰囲気が重要!

少ない持ち時間で、会話をしなければならないと考えると、疲れてしまったり億劫に思いがちですが、婚活パーティーにおいて、会話内容のテクニックはほとんど必要ありません。

 

 

いいなと思う相手は、プロフィールの条件がある程度合格ラインを越えていれば、あとは、あなたの雰囲気で判断されることが多いのです。

婚活パーティーでの会話

 

 

逆に、あなたも女性の会話を重視して選ぶでしょうか?

 

 

顔と雰囲気でとりあえず、アリかナシか瞬時に判断していませんか?

 

 

実は、婚活パーティーでは、プロフィールの条件がクリアしていることを前提として、話し方と雰囲気で9割方アリかナシか女性から判断され、女性を判断しています。

 

 

残り1割は、常識のないことを言うひとではないか?おかしな会話をしてないか?などの判断なので、普通に会話をすればいいだけです。

 

 

おかしな会話、こいつ嫌だなっていう会話は、自慢話、いきなり個人情報を聞き出すなどデリカシーがない会話、過去の恋愛や参加理由などの失礼な質問です。

 

 

こういう会話をする人は、9割方OKだとしても、雰囲気と条件がOKでもカップリングすることはできないでしょう。

 

 

大抵そういう人は、女性から「だから、この人は結婚できないんだ!」って思われているのです(あなたもできてないですけどね)。

 

 

そして、あなたが作る雰囲気ですが、これは、女性の好みにもよるので、常勝法というものはありません。

 

 

どんなにイケメンの芸能人でもアンチはいるもので、これが一般人ならば、気に入られないことの方が多いと心得ておいた方が気が楽です。

 

 

ただし、一般的、常識的に良いとされる雰囲気はあるので、下記のことは心に留めて会話に臨むといいでしょう。

 

 

 

 

  • 会話を始める前に、一礼をして自己紹介をする→誠実さ
  • 笑顔で穏やかに堂々と会話をする→頼りになりそう
  • 大きな会場・小さな個室に合わせて声のトーンに気を付ける→良い人そう
  • 女性は男性の声のトーンや態度で、感情が変わる(不安、やすらぎ、安心)
  • 口臭に気を付ける→臭い人は必ず圏外へ

 

 

 

 

会話は、とびきり盛り上がるような内容を用意せずとも、普通にプロフィールに書いてあることを質問したり、答えたりすればいいだけです。

 

 

ただし、きちんと一人一人に興味と好奇心を持って会話をすることを心がけ、相手の話したことにきちんと反応を示すことが大事です。

 

 

あくまでも、双方向に会話をすることがコミュニケーションで、一方通行・反応薄などは、コミュニケーションが成立していないので、相手女性から不合格の烙印が押されることになるでしょう。

 

 

相手の言葉に反応することは、日常生活においても心がけるようにすると、婚活パーティーで自然な反応ができるようになりますよ。

弱肉強食をしたたかに切り抜ける!フリータイムの攻略法

フリータイムでベストなのは、気に入った女性と1:1で、いい感じの雰囲気で会話できることです。

 

 

こうなることができれば、大体カップリングできるのですが、そうでない場合もあるでしょう。

 

 

例えば、気に入った女性が多くの男性に人気でたくさんアプローチされている場合などです。

 

 

そういった場合の戦略は、1人になっている女性と話すことです。

 

 

婚活パーティーだけでなく、合コンなどでも言えるのですが、目当ての女性がいなかったり、取られたりすると、とたんにシラケる人。

 

 

他の女性と仲良くなれば、また、新たなコンパが開ける可能性があるのに、そういった段取りができない、しない、嫉妬心を抱いて終わる。

 

 

合コンの話は、さておき、婚活パーティーでも、意中ではない女性との会話をすることで、どんな女性が参加してるのか?どんな風に思っているのか?などを知ることができて、女性の扱いが段々と上手になってきます。

 

 

一番、いけないのが、あきらめて、どこかのグループの一人というポジションに甘んじる人、学校生活の影響でしょうか、一人で行動するのが怖いかもしれないが、結婚はあくまでも1:1でするものです。

 

 

自分の頭で考えて、一人の女性がいれば、グループを離脱して、思い切って話しかけてみましょう。

 

 

話しかけた女性とはお互いにタイプではなかったとしても、確率は低いですが、その後、飲み会などを開いてくれる間柄になるかもしれないのです。

 

 

フリータイムでは、そういうことを考えながら、自然でガツガツ見えないように積極的に行動しましょう。

 

 

 

最後のポイントですが、仲良くなった女性とカップリングしたいと思ったら、カップリングしたいとの意思を伝えると効果的です。

 

 

あなたのことが合格ラインであれば、女性の方もカップル不成立で収穫なしで帰るよりもカップリングできる可能性が高いあなたに投票してくれるかもしれないからです。

 

 

 

フリータイムの攻略法については以上ですが、フリータイムは、弱肉強食の要素が含まれていて、どうしても、積極的になれない男性には、不利でもあります。

婚活パーティーでボッチになってしまった男性

 

 

最近の婚活パーティーでは、フリータイムをなくし、1:1で話す時間を長くするとともに、自己紹介タイムを2周やることによって、確実に自分をアピールできるサービスもあります。

 

 

このような婚活パーティーを開催している運営会社は、まだまだ少ないのですが、『おとコン』というサイトでは、基本的に自己紹介タイムを2周とる仕組みを採用しているので、フリータイムが苦手な人は、使ってみるといいでしょう。

カップリングした後はどうすれば?

カップリングした後は、近くで軽くお食事して、もう少し親密度を高めるといいでしょう。

婚活パーティー後に食事に来た男女

 

 

だから、婚活パーティーへ行く前に、あらかじめ、周辺で食事できるところを3つくらい調べておくといいでしょう。

 

 

3つの食事できるお店は、違うジャンルで探しておくのがポイントです。

 

 

なぜなら、女性の好みもあるので、選ばしてあげると、女性の方も楽しく食事ができるからです。

 

 

また、お店がいっぱいだった時のためのリスクヘッジにもなります。

 

 

カップリングした女性が一人で参加した時は、これでいいのですが、友達と参加している場合は、連絡先を交換して、できれば後日食事に行く約束を取り付けられるといいでしょう。

 

 

友達がいるのに、強引に食事に誘うと失敗する可能性があるので注意が必要です。

 

 

なぜなら、女性が相手を選ぶときに、友達の意見を参考にする場合が多く、強引に食事に誘うと、あとでマイナスを入れられる可能性もがあるからです。

まとめ

婚活パーティーは、遊び相手を探しにいくのではなく、結婚相手を探しに行くのだから、100回参加した俺の攻略法などといったブログは、カップリング率が上がってもチャラく見られて、その後、続かないので、あてにならない(現にこの人、結婚できてないじゃん)。

 

 

婚活パーティーの企画によって、自分の有利不利が変わる。

 

 

プロフィールは、丁寧で具体的に書いたり、イラストを描くことで、会話がしやすくなる。

 

 

会話は、相手に興味を持ち、同じテンションで、無反応にならないように心がければ良い。

 

 

フリータイムは、1:1で話すように心がける(苦手な人は、フリータイムなしのパーティーへ参加)。

 

 

カップリングした後は、軽く食事に行き、次回も会う約束をできるようなところまでもっていければいい。

 

 

友達がいるときや相手が乗り気でないときは、強引に食事に誘わない。

 

 

婚活パーティーで重要なのは、質の高いパーティーを選ぶことです。

 

 

男性におすすめの婚活パーティーを開催しているサイトは、『男性に本当におすすめの婚活パーティーを厳選比較した!』という記事でまとめておきましたのでご参考ください。

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。

page top