婚活シーンでの男の服装はとても簡単なのですべて解説する!

こんにちは、婚活アドバイザーのロッジカルーソン3世です。

 

今回は、女性から合格点をもらえるような男の服装について、基本的な考え方から婚活シーン、季節別に具体例を出しながらお話ししていきますね。

 

 

ファッションに疎い男性は、女性に褒められる服装を選ぶとき、周りより少し目立つカジュアルな服装にしがちです。

 

 

なぜなら、カッコイイ自分を見せてモテたいと考えているからです。

 

 

そうすると、やや奇抜な服装にしたがるんですね。

 

 

例えば、スーツにカジュアル感をプラスしたらバランスを取れるんで、リュックを合わせてみるとか、、、。

 

 

これほど、婚活メディアでスーツにリュックを合わせてくる男性は、嫌がられると叩かれているのに平気でやってしまう。

 

 

もちろん、オシャレファッションや機能的にはNGではないですよ?

 

 

しかし、婚活のTPOを考えるとNGなのです。

 

 

婚活パーティーにパジャマでいかないですよね?

 

 

それが、TPOをわきまえる考えといって、デートでスーツにリュックは女性から嫌われる可能性が高いのです。

 

婚活で男性の服装がダサくて嫌がる女性

 

なぜなら、スーツにリュックは女性が嫌いだという情報が出回って、嫌いというイメージが定着しているからです。

 

 

これは、袖のないデニムジャケットを着たらスギちゃんのイメージ、筋肉モリモリの人がタンクトップでジムで筋トレしていれば、なかやまきんに君というイメージになってしまうのと同じ現象なので、理屈はありません。

 

 

そして、婚活での服装は、周りと差別化しようとする必要なく、女性から合格点をもらえればそれでいいのです。

 

 

見た目は、その人を判断する重要な取っ掛かりになるのですが、結局、女性は、見た目だけで結婚相手を選ばないので、モテるかモテないかは中身の比重が大きいということですね。

 

 

もちろん、服装を気にしない人は、この中身を見る前の段階で、結婚相手からハズされるので、服装が重要ではないということを言ってるわけではありませんよ。

 

 

あくまで、服装の役割を理解することで、効果的な服装をすることができるのです。

 

 

これは、オタク婚活には当てはまらないとか、そういうことではありません。

 

 

すべての属性の男性にあてはまるのです。

 

 

オタク婚活に来る女性は、オタクのファッションを理解してくれるだろうとタカをくくる人もいますが、オタクなのは、趣味、中身の話なので、やはり、女性の合格ラインに達する服装をしている人が、オタク話に花を咲かせることができるのです。

 

 

もちろん、20代だろうが30代、40代だろうが、服装に役割があるという考え方は変わりません。

 

 

話は、変わりますが、ひとえに婚活といってもマッチングした後のデート、婚活パーティー、お見合い、お見合い写真など、婚活のシーンにおいて少しずつスタイルを変える必要があります。

 

 

そういうと、難しそうに聞こえるかもしれませんが、簡単なので、婚活の服装術について順番にお話ししていきますね。

 

 

婚活中の服装の基本的な考え方

女性から合格点をもらえて日本の男性なら誰でも似合いやすい服装は、きれいめ系のファッションです。

 

 

なぜなら、シンプルなアイテムでまとめてあれば、清潔感があるように見られるし、ゴチャゴチャした柄を使わないので、大人っぽく見えるからです。

 

 

女性は清潔感がある格好を好み、日本人男性は童顔という弱点がある。

 

 

これらを埋めたのがきれいめファッションです。

 

 

スーツの好きな女性って多いですよね?

 

女性に好まれる男性のスーツ姿

 

あれは、きれいめ100%の完成された服装で、誰にでも似合うからです。

 

 

もちろん、着こなしのルールはありますが、街着と比べれば少ないので敷居も低いのです。

 

 

しかし、デートや婚活パーティーなどでスーツで行くと仕事帰りな感じ100%だし、私服はどうなのかな?という女性の疑問にも答えることはできません。

 

 

そこで、婚活シーン別に少しだけ服装を変化させると上手くいきます。

 

 

そうすると、そんな個性のなさそうな服装で大丈夫か?という疑問がでてくると思います。

 

 

しかし、実際は、婚活する男性の多くがこれができてない状態なので、女性から大いなる不満が募っているというデータがあります。

 

 

こういった女性から合格点をもらえる服装を意識するだけで、自動的に周りと差別化されるので安心してください。

 

 

逆に、婚活シーン別に少しだけ服装に味付けすれば、相対的にオシャレな人と思われるくらいです。

 

 

では、具体的にそれぞれのシーン別に、服装のポイントを解説していきますね。

婚活パーティーに適した服装

婚活パーティーのTPOを考えるとき、華やかさがあるが、仕事ではなく初対面の人と出会うといったところです。

 

 

そうするとスーツのようなきれいめ100%の格好ではやや個性がなさすぎます。

 

 

よって、スーツのようなアイテムを80%、おしゃれ着として使うアイテムを20%くらいの割合で組み合わせると上手くいきます。

 

 

いわゆる、ビジカジ系だとかキレカジ系ファッションと呼ばれるものです。

 

 

しかし、婚活パーティーに来る男性は、スーツかダサイカジュアル100%な服装がほとんどです。

 

 

もちろん、ドレスコードがスーツ指定の場合は、それでいいのですが、、。

 

 

唯一、私が提案しているスタイルなのは、婚活パーティーの広告に載ってるモデルさんくらいでしょう。

 

婚活パーティーのモデルさんの服装

 

やはり、スタイリストさんは、TPOを理解している。

 

 

では、具体的にどのような格好なのか季節別にみていきましょう。

 

 

ちなみに、スーツ以外の婚活で必要な服装は、すべて『スプートニクス』というサイトで手に入れることができますよ。

 

 

春・秋

 

春と秋は、セットアップと言われる上下スーツで着るようなアイテムを使った格好が最適です。

 

 

春秋の婚活パーティーに使えるセットアップ

 

 

シンプルで、すごく簡単なうえ、他のみんなはインナーにシャツを持ってくるスーツかチノパンにチェックシャツなんて終わった格好をしている人が多い中、こんな格好だとひと際目立ちます。

 

 

婚活パーティーは、基本的に室内なので、春秋の違いというより体感温度があったかければ少し明るい色、寒ければ暗い色をチョイスすればいいですよ。

 

 

ハズさない色は、ネイビーかブラックです。

 

 

ジャケットとスラックスは、スーツで代替えすればいいと考えるかもしれませんが、サイズ感やシルエットが変わってくるのでスーツ屋ではなく街着用のお店で購入したほうがいいですよ。

 

 

ちなみに、春夏秋冬で共通することですが、バッグは、一応パーティー形式なので、クラッチバックを使ってもいいし、レザーのトートバッグでもいいです。

 

 

小さめなものを選ぶとTPOに合います。

 

 

手ぶらは、財布などをポケットに入れることになって、ドレスアップした服装のシルエットが崩れるので避けたほうがいいですよ。

 

 

 

夏は、気温が高いのですが、婚活パーティーは室内ということもあり、トップスのシャツは、長袖を選んでください。

 

 

夏に使える婚活パーティーの服装

 

 

というのも、半袖シャツというのは、着こなしのバランスが取りづらく、どうしてもスーツライクな印象を覆してしまうからです。

 

 

長袖シャツを左の写真のように、自然にロールアップすることで、暑苦しく見えるのを回避することができます。

 

 

そして、襟ですが、選ぶべきは、レギュラーカラーかボタンダウンです。

 

 

シャツのタイプですが、重心の関係で、胸板が厚い人は、レギュラーカラーで少しボタンを開けるスタイルが似合い、細身の人は、ボタンダウンの襟が似合う傾向があります。

 

 

そして、パンツとシューズは、スラックス+レザーシューズで大丈夫です。

 

 

婚活パーティーでは、座ってることが多いので、それほどパンツに気をつかわなくてもいいことと、立った時でもシャツの印象を変えないスラックス+レザーシューズだとハズしません。

 

 

色は、写真のように白かネイビー、場合によっては、ピッチが細めなストライプ柄でもいいですが、黒だとキメすぎに見えるので避けたほうがいいでしょう。

 

 

 

冬でも会場内では、アウターを脱ぐのでジャケットやコートを脱いでもサマになるように計算した格好にしましょう。

 

 

冬の婚活パーティーの服装

 

 

基本的に、会場までは、スタイルアップしやすいロングコートを使って、中ではシャツとスラックススタイルがおすすめです。

 

 

コートを脱ぐと夏の服装と同じになりますが、夏と違って透け感のない素材のシャツを選ぶといいですよ。

 

 

夏は、暑苦しく見えるので、白などの単色が第一候補になりますが、冬は、温かみのある色や細めなピッチのストライプシャツを使うといいでしょう。

 

 

ここまで紹介した婚活パーティーで好まれる服装や似たような服装は、下記で簡単に手に入れることができます。

 

 

婚活でマッチングした後のデートに適した服装

デートシーンは、完全プライベートな服装ということで、お互いが通常のオシャレ着になります。

 

 

スーツや婚活パーティーでのややスーツに近い格好と違って、あなたの趣味が相手に深く伝わる場面でもあるのです。

 

 

しかし、大丈夫!

 

 

デートシーンでは、婚活パーティーの時よりも1割オシャレ着を混ぜればいいだけなのです。

 

 

割合としては、スーツのようなアイテム70%で、オシャレ着30%といったところでしょうか。

 

 

では、季節別に具体的な服装をお話ししていきますね。

 

 

ちなみに、きれいめなデート服は、すべて『スプートニクス』というサイトで手に入れることができますよ。

 

 

春・秋

 

婚活パーティーで使ったセットアップのインナーにボーダーカットソーのような柄アイテムを持ってくることで、婚活パーティーの時より、普段の街着のTPOに答えることができます。

 

 

春に婚活で知り合った女性とのデートの服装

 

 

こうやって、少しずつアイテムを変えるだけでも、女性から合格点をもらえるような服装ができるので、このような考え方は、経済的にも余裕ができるのです。

 

 

そして、デート着は、3パターンくらい用意しておくといいですよ。

 

 

なぜなら、3回目のデートまでに好印象を与えておくと、それ以降は、女性があなたの中身を判断するようになってくれるからです。

 

 

3パターン用意しておく必要があると聞くと自信がなくなるかもしれませんが、似たような服装で構いません。

 

 

例えば、テーラードジャケットをシャツのような雰囲気のコーチジャケットに変えてみてもいいでしょう。

 

 

秋に婚活で知り合った女性とのデートの服装

 

 

また、靴も革靴だけでなく、シンプルでなるべく単色のスニーカーに変えることで、パターンを変えることもできます。

 

 

秋冬に婚活で知り合った女性とのデートの服装

 

 

逆に、写真のようにパンツをスラックスからチノパンに変えることで、雰囲気を壊さず、私服感を出すことができるのです。

 

 

 

夏は、使えるアイテム点数が少ないので、どうしてもシンプルな服装になりがちです。

 

 

だから、いかにきれいめ感を保つかが重要なのですが、その答えは、パンツにあります。

 

 

私服というと、ジーンズやチノパンを使う人が多いのですが、夏は特に、黒パンツやスラックスを使うときれいめ感を保つことができます。

 

 

夏に婚活で知り合った女性とのデートの服装

 

 

写真のように、シンプルな無地のTシャツと合わせてもサマになりますし、ボーダーカットソーのようなアイテムを使ってもいいでしょう。

 

 

しかし、こういうシンプルなアイテムだけだと、少し物足りなくなるので、腕時計やバッグは必ず合わせましょう。

 

 

本当は、ブレスレットなんかも使えるのですが、女性は男性のブレスレットに賛否両論なので、はじめは避けるか、自然な会話の中で確認しておくのもいいでしょう。

 

 

 

冬の服装は、婚活パーティーの時に使ったロングコートを活用するといいでしょう。

 

 

ロングコートは、脚が短くても少々太っていても、そして、やせすぎ体型でも、体を包み込み混むことによって体型カバーする効果があります。

 

 

だから、使わない手はありませんね。

 

 

コートの下に着るインナーですが、婚活パーティーの時は、タートルネックのニットを持ってくると、室内では、それ一枚になってしまうので、おすすめしませんでした。

 

 

しかし、コートを着たまま外での待ち合わせが予想されるデートシーンでは、ロングコートと合わせることで顔が小さく見えるし、簡単だけどオシャレに見せることができるので使えます。

 

 

婚活の冬のデートでロングコートを使った服装

 

 

また、思い切ってロングコートの色を変えてみるのもいいでしょう。

 

 

カジュアルなロングコートを冬の婚活にデートに使った服装

 

 

パンツが黒ならばきれいめ感が担保されたまま、パーティーシーンとは別の普段のオシャレ着感を出すことができます。

 

 

使ってるアイテムは、どれもシンプルなので、大体の雰囲気が分かったら、あとは応用してみてください。

 

 

ここまで紹介してきた婚活のデートに使える服装は、すべて下記のサイトで手に入れることができますよ。

 

 

お見合い

お見合い・お見合い写真は、スーツで大丈夫です。

 

 

なぜなら、スーツを着ていることがおかしくないからです。

 

 

おかしくないなら、自分が一番よく見せられるスーツを着るのが得ですね。

 

 

女性に対して、一番初めに好印象を与えておくと、そのあとに多少ヘマをやらかしても少しは大目に見てくれるということが社会心理学でも証明されています。

 

 

ならば、一番簡単に好印象を与える服装を使わない手はありませんよ。

 

 

一つ、悩むとしたらネクタイの色ですね。

 

 

ネクタイの色は、派手過ぎず、暗すぎない色なら何でもいいですよ。

 

 

基本的に、スーツにはどんな色のネクタイでも似合うし、お店に置いてある色は、スーツに合う色をリリースしているので。

 

 

女性も好きな色は、個々で変わってくるので、あとは、相手女性とあなたの相性ってとこでしょう。

おわりに

街着でのファッションスタイルは、どんどん新しいトレンドがでてくるので、毎年、少しずつ変化していき、追い付いていくのが大変です。

 

 

しかし、婚活での服装は、ほぼ定番スタイルで、しかも、きれいめといった主軸を持って対応できるので、とても簡単なのです。

 

 

今回、紹介した服装であなたが女性から合格点をもらえるような服装になれるヒントになったなら心よりうれしく思います。

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。

page top