婚活マッチング後のデートが3回以内で交際に発展させる戦略

こんにちは、婚活アドバイザーのロッジカルーソン3世です。

 

今回は、婚活サービスを利用してマッチングした後のデート内容についてお話ししていきますね。

 

まず、勘違いしてはいけないのが、婚活デートは、一般のデートと違って、交際後に結婚することが前提にあることです。

 

 

だから、自然に知り合って彼女になってほしいつもりで誘うデートとは少し勝手が違うのです。

 

 

 

一番の違いは、婚活デートの目標は、3回目までに交際に発展させることです。

 

 

そこで発展しなければ終了させるくらいの気持ちでいきましょう。

 

 

なぜなら、交際しなければ、それ以上の本音や性格を引き出すことはできません。

 

 

交際前の知り合い状態では、あなたに対して猫を被るのが普通です。

 

デートで猫を被る女性

 

知ってる人から彼氏になることで、彼女が本音や性格などを打ち明けてくれるのです。

 

 

逆に、あなたも交際前から本音や悪い部分を見せる必要はありません。

 

 

ただの知り合いがイラっとすることを言った場合と彼氏がイラっとする場合は、許容度が変わるからです。

 

 

ただの知り合いがイラっとすることは言った場合は、たとえそれが誤解だったとしても、その人と関わりたくなくなるのが人の性です。

 

 

しかし、1度彼氏になれば、イラっとすることを言ったことに対して、喧嘩をするチャンスをくれる場合もあるし、話し合いにより誤解だったと分かってもらえる場合もあるのです。

 

 

だから、デートでは、結婚前提だから悪い部分も見せるというスタンスではなく、良い部分を全面に出すようにしていけばいいのです。

 

 

後、デートプランで女性を楽しませようと小手先のことを考える人が多いのだが、本質はあなたと一緒にいて楽しいか?ということです。

 

 

婚活している年齢の女性くらいなら、ほとんどのデートプランを経験しているので、付き合う前のデートプランに興味があるというより、あなたはどんな人なのか?そして、自分の彼氏、結婚相手にふさわしいのかを判断することに重きを置いてくるのですよ。

 

 

つまり、結局は自分の中身と会話が最重要だということになります。

 

 

とはいっても、デートプランも服装と同じように常識からハズれたコースは、嫌われる可能性がでてきます。

 

 

服装の時のルールと同じように、個性的で奇抜にする必要もありませんが、ある程度の常識を押さえておく必要がありますので、ここからは、1回目、2回目、3回目のデートで交際まで発展させるデートプランと戦略をお話ししていきますね。

 

 

ちなみに、婚活の服装や身だしなみについて学んでおきたい人は下記の記事も目を通しておくと役に立ちますよ。

 

 

 

 

1回目のデートの攻略法

婚活アプリや婚活パーティー、もしくは、結婚相談所で知り合った女性との初めてのデートは、性格部分やお互いの人生の大まかな方向性、簡単な過去などを伝えあうシーンだと思ってください。

 

 

だから、特別なことはせず、目的が達成できるような定番コースで大丈夫なのです。

 

 

定番コースとは、ランチしながらお話することです。

 

ランチで食事をする男女

 

そして、どのマニュアル書にも書かれていないことですが、定番コースと初回デートでの注意事項の範囲以内なら、今まであなたがしてきた女性の口説き方を少し入れたほうがいいでしょう。

 

 

いくら、結婚が目的だからといって強がっていても、男女関係なく、できれば恋愛して結婚したいという気持ちがあります。

 

 

少しの口説きを入れることで、バツイチとか多少年収が少ないなど、女性にとって少し悩みだった条件も、この人なら大丈夫かなって思えてくるメリットがあります。

 

 

なぜなら、婚活女性の中には、本来、結婚生活を送る上で、不必要な条件を条件としている人も少なからずいて、それが不必要だと分からずフィルタリングをかけているからです。

 

 

それでは、1回目のデートの流れと注意点、そして要点をお話ししていきますね。

 

 

待ち合わせ

 

待ち合わせは、お互いが緊張している中、プライベートでの初の顔合わせになるので重要なシーンとなります。

 

 

この段取りが上手くいかないと男性として頼りないと思われるかもしれないし、そのあとの会話にも支障が出てくる可能性があるのです。

 

 

待ち合わせのコツは、目印があるような分かりやすい場所で、人通りが多すぎず、少なすぎない場所がいいでしょう。

 

 

目印があれば、女性も間違いがないし、人混みは誰でも嫌なものだということ、そして、誰もいない場所は、女性に危険が及ぶ可能性がゼロではないということを考慮した結果です。

 

 

さらに、間違いなく会うために、女性に対してLINEなどで自分の今日の服装の特徴を伝えておくといいです。

 

 

逆に、女性には服の特徴は何?などと野暮なことは聞かないようにしましょう。

 

 

女性は、恥ずかしがり屋な人も多いし、デートに向けてオシャレ服を着てきます。

 

デートにオシャレ着でくる女性

 

そのオシャレ着を見せる前に解説するのは、ちょっと抵抗があるというか、会ったときに見せて好印象を与えたいという小さな願望があるのですよ。

 

 

そういう乙女心を察することが女性をリードする男なのです。

 

 

女性をリードするとは、なにもリードしているところを見せびらかすことはでないのですよ。

 

 

そして、自分は、現地へ時間より早く到着して、相手を待つくらいが丁度いいです。

 

 

絶対に遅刻をしないことと、もし女性が遅刻をしてきたら、笑って許せる余裕を見せる機会があるからです。

 

 

さらに、待ち合わせ場所に早く到着していれば、話しかけてくるのは女性の方からなので、相手の服の特徴が分からなくても心配する必要はないのですね。

 

 

そして、女性がきたら、余裕のある堂々とした明るい挨拶をすると好印象を与えることができますよ。

 

 

食事

 

食事は、初回のデートの目標を完遂するための重要な拠点となります。

 

 

場所は、適度に話しやすいカフェのようなレストランがベストですね。

 

一回目のデートに選ぶカフェレストランの雰囲気

 

他のお客さんが多すぎず少なすぎないようなお店ならベリーグッドです。

 

 

逆に、記念日にカップルが行くようなオシャレな高級レストランのような女性が緊張しすぎる場所はNGなのです。

 

 

また、ファミレスとか普通の大衆店のようなお店も、雰囲気がなさすぎるので絶対に避けましょう。

 

 

食事時間は、2時間くらいがベストですが、相手のノリ気によっては、2店舗目に行ってもいいし、談笑しながら軽いショッピングをしてもいいでしょう。

 

 

本質は時間やデートで何をするかではなく、1回目のデートに必要な進捗度に達したかどうかです。

 

 

お互いの表面上の性格や考え方を理解しあえて、また会いたいと思ったら、次のデートの行きたい場所なんかを話して、できればデート日を決めてしまう。

 

 

ここまで、できれば目標完遂です。

 

 

ちなみに、ケチくさいことを考えず食事代はおごってあげてくださいね。

 

 

絶対に避けたい!1回目のデートで終わる男性の行動

 

次の約束を断られる男性の特徴は、とにかく話を盛り上げようと自慢話が多い。

 

自慢話の多い男

 

これだけメディアなどで嫌わられる男性の特徴として、自慢話をする男と取り上げられているのに、自慢話をイキってしてしまう男性が多いこと多いこと。

 

 

人の自慢話ほどクソつまらない話はありません。

 

 

あなたが本当に自慢話の中に出てくるすごい人ならば、自慢話をせずとも会話の中で知性や知識があることが相手に伝わっています。

 

 

無駄に自分を大きく見せるようなことは逆効果なのでおすすめしません。

 

 

もう一つは、自称モテ男に多いのですが、ボディタッチをする男。

 

 

女性と男性の距離感の掴み方は、大きな違いがあります。

 

 

女性は、男性を信用できると思うまで警戒し続ける傾向があり、男性は、少し話して盛り上がったら、もう距離感が縮まったと勘違いする点です。

 

 

基本的に、女性は男性と違って、彼氏でも好きでもない男性からボディタッチをされても嬉しくありません。

 

 

ボディタッチで距離を縮めようとするのではなく、会話の中の知性でもって、あなたの魅力を出していきましょう。

 

 

後は、下に並べた9つの常識がないことですね。

 

 

 

 

  1. ろくに挨拶ができない
  2. 人の話を聞けない・遮る
  3. 食べ方が汚い
  4. 食事中くちゃくちゃ音を立てる
  5. 臭い
  6. 一緒にいて恥ずかしい服装をしている
  7. 店員さんに横柄な態度を取る
  8. ちっぽけな拘りとプライドを持っている
  9. ケチくさすぎる

 

 

 

 

ここで述べた常識をクリアしていて、あなたと相手女性の会話が盛り上がったならば、次のデートは確約されたも同然でしょう。

 

 

そもそも女性は、あなたとお話ししてみたいと思ってデートに来ていますからね。

2回目のデート戦略

婚活デートにおいて、2回目のデートプランは、1回目のデートでの会話内容にかかっています。

 

 

1回目のデートの会話で、女性が好きな場所や行きたい場所を聞き出したり、自分が行きたい場所が彼女と同じなのか自然に聞いておいたりして、彼女の好きそうな場所へ行けばいいのです。

 

 

ただし、その場所で1日時間をつぶしてしまうようなところやあまり親密な会話ができないような場所は避けたほうがいいです。

 

 

例えば、動物園や水族館、1日かけて観光スポットに行くなどですね。

 

 

行くまでに時間がかかるし、動物園では動物を見る、水族館では魚を見るという目的があるため、相手との距離を縮めることができません。

 

 

もちろん、これが、職場が同じだとか、元々知り合いだった二人のデートの場合は別ですよ。

 

 

しかも、女性から見てNG場所というわけでもありません。

 

 

しかし、全くの他人だった二人が仲良くなるには、会話と信頼が重要なのです。

 

 

デートの目的は、交際にたどり着くことであり、信頼関係を築くことです。

 

 

そう、2回目のデートの目的は、1回目より信頼関係を深めて距離を縮めることです!

 

 

女性から見れば、たった3回のデートで交際を申し込んでくるのです。

 

 

ただ、ダラダラとデートをしただけでは、たった3回で、、、となり、早い段階で信頼関係が築けていれば3回だけど、、、ってことになるのです。

 

 

もちろん、焦ったり急いでるような仕草を出してはいけませんよ。

 

 

気持ちはゆったり、行動は早く。

 

 

武田信玄の風林火山のような戦略をとるのです。

 

武田信玄のような戦略でデートを成功させる

 

 

そして、2回目のデートのコースは、1回目のデートで話題にしたところと食事でOKです。

 

 

少し趣向を変えたので、つまらない男とは見られず、効率的に距離を縮めることができるのです。

 

 

1回目のデートで話題にしたところは、映画やちょっとしたスポットのように短時間で終わるところをチョイスするといいですよ。

 

 

相手との共有の情報が少し増えるし、そのあとに食事で会話する時間も取れるので。

 

 

そして、食事は夜になってもいいのですが、下心は絶対に出さず、下ネタも絶対に言ってはいけません。

 

 

完全無双で、誠実な男性像を作るのです。

 

 

しかし、付き合った後の楽しい会話を振ってみたり、1回目のデートの時より、もう少し突っ込んだ口説き方をしましょう。

 

 

ちゃんと、あなたを異性として見てますよアピールをすることで、相手もあなたのことを結婚相手としてだけでなく恋愛相手としても見始めるのです。

 

 

婚活男性はこれをしない人が多いから、女性が婚活では好きな男性ができないという悩みが増えるのですよ。

 

 

こういった悩みの女性が多いということは、結婚相手として見られるライバルがほとんどいなくて、ガラガラに空いているということなのです!

 

 

そして、2回目のデート中には、3回目のデートの日取りまで決めちゃっても、相手に悪く思われないような関係を築いておきましょう。

 

 

世間でモテる男性と呼ばれる人は、この時点で付き合ってるような雰囲気に持っていってるので参考までに。

3回目のデート戦略

3回目のデートは、いよいよ交際を申し込む最終日です。

 

 

もちろん、2回目までのデートでこのページで書いたような内容ができている場合に限りますが。

 

 

2回目までのデートで目標を完遂できなくて、3回目で交際を申し込める雰囲気になってないと感じた人は、単純に経験不足なので、経験を積むつもりで、4回目のデートに臨んでもいいでしょう。

 

 

しかし、それは最終手段。

 

 

デートプランは、2回目と同様で、2回目に選択しなかった女性の気になるところプラス食事で良いです。

 

 

そして、良い雰囲気になったら交際を申し込みます。

 

 

それを聞いた女性がまだ3回しかデートしてないしなどと言ってきたら、知り合いである限り、表面上のことしか知り合えないので、交際して○○さんをもっと深く知りたいという旨を伝えましょう。

 

 

もちろん、自分の言葉でね。

 

 

でも、、、のように迷っていたら、もう一押し。

 

 

「交際前では、人は本心を出さないし、悪い部分が見えれば、すぐに決別するきっかけになる」

 

 

「本来、少し話し合えば、上手くいくかもしれないのに、決別するのは悲しい」

 

 

このような趣旨の話を伝えましょう。

 

 

そのあと、色々なことを行ってきたら一言。

 

 

「○○さんのことをもっと好きになりたい」

 

 

これでトドメを刺しましょう。

 

 

OK!がもらえれば晴れて結婚前提の彼女ができました!

 

付き合い始めた二人

 

もし、断られたのなら、理由はともあれ、それはそれでいいのです。

 

 

なぜなら、このスピードで交際まで発展しない女性は、結婚へのイメージが薄いので。

 

 

考えさせてほしいといった女性は、相手から連絡がくるまで放置でいいでしょう。

 

 

後日、向こうからOKの返事などをもらえたならそれで良しとして、こちらから結果を催促するようなことはせず、もうその女性には一切執着してはいけません。

 

 

もう、次の人へ進むのです。

 

 

少し淡白すぎやしないか?と思われるかもしれないですが、婚活で本当に相手を好きになるなんて、交際をさせてからですからね。

 

 

付き合える場合は、トントン拍子で交際が始まるものなのです。

 

 

ちなみに、ラインでの告白は10代の子供がやることだから、男として頼りなく思われるのでNGです。

 

 

今までラインでしか告白したことがない人がいるのなら、そこは婚活という機会を通して成長の機会を与えられたと思いましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

 

婚活サービスでマッチングまでした相手なら、あなたの顔と条件が合格ラインに達している可能性が高いのです。

 

 

後は、あなたのプライベートの服装、身だしなみ、女性との価値観、常識力、行動で交際発展までこぎつけるかどうか決まるのです。

 

 

今まで、これらの常識的な内容が出来ていなかった人は、一朝一夕とはいかないでしょうが、努力することでボーダーラインに達することが可能なのです。

 

 

是非、一つ一つ精進させて、あなたの婚活が成功することを祈っております。

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。

page top