大半の男性が勘違いしている!?婚活デートでの会話術

こんにちは、婚活アドバイザーのロッジカルーソン3世です。

 

今回は、婚活デートで女性と何を話せばいいのか分からない人向けに会話術と本質となる考え方についてまとめました。

 

婚活アプリやパーティー、結婚相談所で女性とのデートの約束まではできたが、当日、何を話せばいいのか分からない男性が一定数存在します。

 

 

基本的に、場数を経験としてこなしていくことで、段々と定型的な会話を中心に話せる話題が増えていくものです。

 

 

しかし、効率よく会話ができるようにしたり、デート相手の女性との距離を早く縮めたいなら、はじめに正しい知識を学んでおくことが大事です。

 

 

このページで、それらについて学ぶことができますので、婚活のデートシーンで役立てていただければ幸いです。

 

 

 

 

女性との会話の基本

 

婚活デートでの会話の基本は、相手の女性が話しやすい環境を作ることから始まります。

 

 

なぜ環境づくりから始まるかというと、たとえば、あなたが会話術を覚えて一方的に話したところで、会話ではなく講演になってしまい、女性からの評価が下がります。

 

 

だから、はじめに女性も話しやすい状態にすることが大事なのです。

 

 

会話=コミュニケーションは、一方通行ではなく相互性のあるものです。

 

 

これを理解しておくと、自分が過剰に話す必要がないので、少し気楽になるのではないでしょうか?

 

 

 

そして、女性が話しやすい環境にするには、女性自身に過度な緊張がない状態で、あなたが女性に対して、害のない存在だと認識されなければなりません。

 

 

それらの環境を作るには、あなた自身が過度な緊張をしていてはいけません。

 

 

女性との会話が苦手な人に対して、緊張するなと言っても無理がありますが、あなたが過度な緊張をしていると、相手の女性に伝わって、女性の方も緊張してしまいます。

 

 

たとえ、緊張していてもなるべく表に出さず、笑顔で接すると女性の方も安心して会話することができますよ。

 

婚活デートで緊張している男女

 

 

もう一つ、害のない存在だと認識されるとは、第一印象でおかしな態度をとっていないことで、とりあえず大丈夫そうだなって思われることです。

 

 

あなたがアプリやパーティー会場から脱して、プライベートで女性と会ったときに、ロクに挨拶もできなかったり、無表情だったりすると、相手の女性は、あなたが何を考えてそうか分からず、警戒してしまうのです。

 

 

そうすると、女性は自分のことなどを話せなくなったり、何を話せばいいのか分からない状態に陥って、そこであなたが、会話が苦手なら全くコミュニケーションが取れずに終わってしまうでしょう。

 

 

逆に、これらをクリアしていれば、普通の女性にとって話しやすい環境が作れたことになるので、理由は後述しますが、会話の達成度が50〜60%くらい成就したと言えるのです。

 

 

相手女性との双方向性の会話の考え方は結婚生活でも役に立つし、すべて男性がリードすべきという固定概念からも抜け出せるでしょう。

 

 

婚活デートでの会話術の基本

 

女性との会話が苦手な男性が初めに覚えておきたいのは、定型+派生のコンボです。

 

 

定型とは、定型的な話題のことをいい、今日の天気とかトップニュースなど今日の話題を持っておくことです。

 

 

婚活デートの場合は、すでに相手の職業や趣味などを知っている状態で使いづらいことから、これらの定型的な話題は、会話の立ち上がりに役立ちますよ。

 

 

そして、派生とは派生的な話題のことを言います。

 

 

例えば、二人で歩いているときに犬を見かけたら、動物は好きか?とかレストランのメニュー表を見れば、どんな食べ物が好きか派生した話題を提供することで、自然に質問できるし会話が弾むでしょう。

 

婚活デート中に見かけた犬の散歩をしている人

 

ところが、派生的な話題を派生なしに、いきなり聞くと、なんでその話題がでてくるの?ってなってしまいます。

 

 

目に入ったものを話題にしていけば、話題に困らないし、序盤の会話に役立つでしょう。

 

 

ここまでこれば、お互いの緊張もほぐれてきて、相手の会話を引き出したり、自分のことを話し始めることができます。

 

 

 

最後に重要なことで、会話をするときの心構えありますが、基本的に家族や友人と話すような気持でいるといいでしょう。

 

 

家族や友人といるときと同じような気持ちになるためには、過度の失敗を怖がらないことと、相手女性をなんとしてもモノにしようなどと考えないことです。

 

 

ただし、ここで注意点がありまして、婚活デートは普通のデートとは違って、知り合ったばかりの人と会うデートです。

 

 

家族や友達と話すような気持ちでいるのはいいのですが、馴れ馴れしい態度は、相手を不快にする場合があります。

 

 

あくまで、常識的な言葉遣いと態度で相手と接するのがお互いに楽しい会話ができる条件となるのです。

相手の話を引き出すだけで70〜90%会話は成功する!

女性の会話心に火をつけることができれば、あなたが会話が苦手でも女性を満足させることができます。

 

 

なぜなら、人は、人の話を聞いているよりも自分の話を聞いてもらうほうが楽しい時間を過ごすことができるからです。

 

 

会話は、双方向性の特性があるので、相手女性が話をすれば会話を50%分成立させたことになります。

 

 

さらに、一般的に女性の方が男性より話が好きな傾向にあるので、+10%余分に話したとすると成立度は60%です。

 

 

中には、本当に話が好きな女性なら70%分くらいお喋りしてくれるかもしれません。

 

話好きな女性

 

そうすると、あなたが女性が話し終わったころに、少し自分がしたい話を、たとえば20%くらい織り交ぜるだけで、70〜90%の会話を成立させたことになるのです。

 

 

この成立度なら、あなたのことを会話が続かない人だから、もう会いたくないとはならないでしょう。

 

 

 

つまり、70〜90%の会話を達成させるには、女性の会話心に火をつけることが重要な課題となります。

 

 

女性の会話心に火をつける方法は、まず、このページの序盤に書いた、女性が過度に緊張してないことと自分のことをあなたに話しても大丈夫な人であると認識されること、そして、会話の序盤の要となる会話術の基本に沿って、適度な話題を振れているかが前提となります。

 

 

これらのことがクリアできているのであれば、後は、あなたの相手女性の話を聞く姿勢によって、会話心に火をつけることができますよ。

 

 

相手女性の話を聞く姿勢は、相手の話に対して、感情を込めたリアクションをとることです。

 

 

一番ダメなパターンが相手の会話に対して、無表情であり、無反応なこと。

 

 

これは、どんな立派な言い訳をしても相手女性の会話心に水をかけ続けている状態になるのです。

 

 

 

もう少しオーダーを加えると、感情を込めたリアクションのみだと、自分の意見のない人だなあと思われてしまうので、相手女性が言った内容を復唱するという手も使ってみましょう。

 

 

彼女が話を一服したところで、「そっか、〜だったんだね。」とか「〜という考えを持ってるんだね」のように復唱すると、相手女性は、あなたが自分の話をしっかり聞いていてくれてるんだなといった感じで好印象を与えることができるのです。

 

 

注意点として、復唱するときに、相手女性が自分と違う意見を言っていたとしても、否定的な意見を言ってはいけません。

 

 

あなたの目的は、女性と楽しい会話をすることで、相手女性をあなたの考え方に正すことではないからです。

 

 

いちいち、否定的な意見をする人に話をしたくなくなるし、心が狭くて小さい男だなあって思われるのが関の山でしょう。

 

 

中には、相手の話を聞くのが苦痛だという人がいるかもしれませんが、そういう人は、相手に興味を持つことから始めましょう。

 

 

相手に興味があれば、会話の内容に対して、不快に思うことはなし、適度な質問も返せるので、相槌を打っているだけの会話よりワンランク上の会話ができるようになるのです。

 

 

そもそも、相手の会話に興味がないという人は、気づかないうちに相手を下に見ている傾向にあるし、下心だけでデートをしているといった傾向にあるともいるので、結婚相手を見つける婚活デートでは、相手の会話に関心を持ち、相手の性格を知ろうとする努力をしっかりしてくださいね。

自分のことを話すとき

会話を成立させるには、女性の話が止まった後、適度に自分の話をすることも重要です。

 

 

注意点としては、会話を一方的にするのではなく、適度にゆっくりと話し、相手の女性が何かコメントしようとしたら、ちゃんと聞いて反応するように相互的なイメージでします。

 

 

また、長ったらしい会話でなく、適度に区切りをつけることで、女性が話始めるきっかけを作ってあげましょう。

 

 

話題は、なんでもいいのですが、女性との距離感に応じて話題を選ぶといいでしょう。

 

 

例えば、いきなり身内の不幸話や前の彼女と別れた理由とかから入るのではなく、自慢話ではない仕事の話とか趣味の話とかを軽くしてみて、女性が聞いてくれそうなら話を続ければいいのです。

 

 

このように、自分が話すのは、女性の話が止まった時に限定して、その隙間で自分の話をすることで、事前に用意しておく話題が少なくとも、女性を満足させる会話は成立します。

 

 

しかし、このようなテクニックだけでなく、本当にあなたの魅力を上げるには、普段から本を読んだり、ニュースを聞いたり、仕事に励んだりして、あなたならではの人間力を上げておくことが一番重要なのですね。

 

 

人間力をあげておくと、お互いに緊張が薄れた状態になれば、無意識のうちに話題を振ることができるからです。

相手の好きなことをあらかじめリサーチしておく

人の会話で一番盛り上がるのは、共通の話題についての会話です。

 

 

婚活アプリや婚活パーティーでのやり取りや結婚相談所でのプロフィールなどで、相手女性の趣味嗜好などを入手できると思いますが、デート前にそれらについて、リサーチしたり体験しておくことで、女性との会話が盛り上がりやすくなります。

 

 

なぜなら、感情的なリアクションの正解率が上がるし、その趣味をしている人でしか分からない返しをすることで、あなたへの評価がグンと上がるからです。

 

 

まるで、営業先の担当者の趣味嗜好を理解するのと同じですね。

 

 

面倒くさがらずリサーチすることで、結婚できる可能性が上がるといっても過言ではないでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

 

何事も本質を知らなければ、情報を曲解して解釈する可能性があるのです。

 

 

女性との会話の話題を知りたい人は、要するに女性と仲良くなりたいのですね。

 

 

つまり、いくら話題が豊富になっても、女性と仲良くなれなければ意味がないということです。

 

 

婚活デートでの会話を検索してみれば、具体的な話題がたくさん出てきますが、このページに書いてある本質的な内容を押さえておくことで、それらの話題が生きてくるのですよ。

 

 

もしかしたら、このページの内容が複雑に感じた人もいるかもしれませんが、繰り返し実践して慣れることで、難しいことを考えずに女性と会話することができるようになるのでご安心ください。

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。

page top