30代で結婚できない男性の特徴と具体的な対策!

こんにちは、婚活アドバイザーのロッジカルーソン3世です。

 

今回は、30代で結婚したい意思があるのに、できない男性向けに、これから結婚できる確率を上げるためのヒントをお話しします。

 

 

30代の男性は、結婚の適齢期で、たとえ30代後半であっても、年齢だけで言えば、全く問題ありません。

 

 

むしろ、自信を持っていいところです(だからといって、相手女性に上から目線の接し方はだめですよ?)。

 

 

では、なぜ結婚できないのか?

 

 

一番の問題は、恋愛力が圧倒的に低いことが考えられます。

 

 

目立つメディアで、よく見かけるのは、結婚したい女性は、経済的に豊かな男性であれば、愛なんて考えずに結婚できちゃうといった文言ですが、それは、ほんの一部だと思ったほうがいいでしょう。

 

 

それを鵜呑みにするから、俺は年収1500万円なんだぜ!どうだ!みたいな勘違い男が現れるんですね(私から見ると、こういう人は、本当に結婚する気があるのか?って思っちゃいます)。

 

 

さらに、女性は、平均的な収入があれば、そんなに高望みせずとも結婚したいと思うっていう言葉もよく見かけますが、高望みしていないで答えた数値が20代で年収600万円以上かな?といった理解力に乏しいようなコメントを見て、30代ならいくら必要なんだよ?と愕然としている男性諸君もいるかもしれませんね。

 

 

そうすると、婚活女性は、みんな金目当て(そこまで思わなくても、年収高が絶対的条件)で、年収440万円俺は結婚が難しいのでは?と思ってしまうかもしれません。

 

 

ところが、このように思うのは危険です。

 

 

なぜなら、メディアは、PVや視聴率を上げるため、人の感情を高ぶらせるようなことを書いたり、報道したりする特徴があるからです(嘘まではいかないですが、偏った意見の方がウケがいいため)。

 

 

そうすると、実際に、30代で結婚できない理由は、そこがポイントではなくて、恋愛力の低さの方が問題なのです(年収の高低で有利不利はもちろんあるので曲解をせずに)。

 

 

なぜなら、多くの女性が結婚と恋愛は違うといいながら、できれば、恋愛→結婚が理想であり、男性も同じだと思います(もちろん、100%皆がそうとは言いませんが)。

 

 

どんな出会いであれど、この恋愛力が高ければ、結婚までのハードルがかなり下がります。

 

 

それで、今回は、30代で結婚したいけどできない男性向けに、できない理由と恋愛力が低い男がやりがちな行動を辛口でまとめましたので、自分に本当に当てはまらないか?厳しくチェックして、少しでもあてはまるなら、日々の行動にそうならないように、落とし込んで改善していくことで、結婚できる可能性を高めることができます。

 

 

成功法則より、失敗法則の方が再現性が高いのは、ビジネスの世界と同じどころか人生全体において言えることなので、成婚率を上げるために効果的な内容になっていると思います。

 

 

ちなみに、30代の結婚できない男性の特徴として、他ブログで書かれているようなキャリアアップしてから婚活しようと考えているから結婚できないといった内容は、そもそも、現時点で、結婚の意思がないので、そういったズレた論点はハズしておきました。

 

 

他にも、身だしなみをしっかりして婚活に臨んでいるか?など基礎的な内容は、ハズしてあります。

 

 

ちなみに、なぜ身だしなみが重要なのか理解できない人は、『婚活で男の身だしなみがなぜ重要?見た目改善で成婚率が25%アップするよ!』という記事をご参照ください。

 

 

圧倒的に行動が足りてない

年齢的には、何の問題もない30代男性が結婚できない大きな理由は、圧倒的に行動が足りないことです。

 

 

婚活アプリやサイトを駆使し、婚活パーティーに参加して、結婚相談所に顔を出してみる。

 

 

これを3年でも正しく続けることができれば、ほとんどの男性が結婚できるでしょう。

 

 

できない言い訳ばかり

 

しかし、年収が少ないので、婚活ツールを使えないだとか、仕事が忙しいので、婚活パーティーに参加できないとか、守りに入ってしまうのも30代の結婚できない男性の特徴です。

 

 

友達同士の飲み会に参加して、数千円払うことができても、同じ数千円の婚活アプリに登録できない。

 

 

新作のゲームを買ったので、仕事を早く切り上げて、ゲームに没頭する、または、ボーっとテレビを見る時間はあっても、婚活パーティーに参加できない。

 

 

このあたりをきちんと改善して、婚活の優先度を上げることで、成婚率を上げることができるのです。

 

 

俺は、婚活を頑張っているが結婚できないんだ!おまえに何が分かるんだ?って思っている人は、婚活を片手間でやっているか、女性との接し方にひどく問題があるかのどちらかでしょう。

 

 

考えすぎて行動できない

 

また、婚活の苦しみに対する結婚の価値が分からなくなるので、行動が止まってしまうこともあるでしょう。

 

 

こういった人は、婚活という行動を起こす前から、頭の中だけでウジウジ考えて行動できない傾向にもあります。

 

 

例えば、俺は結婚に向かないのでは?とか女性と一つ屋根の下で暮らせる自信がないとか妄想を繰り広げるのです。

 

 

また、年収が低いので、相手にしてくれる女性がいないのではないのか?という不安から出る感情や今、貯蓄がないから誰も相手にしてくれないのでは?と不安に思い行動できなくなります。

 

 

しかし、自分の願望は、結婚したいんだから、そういう不安は、無視して、行動すべきなのです。

 

 

あなたが、年収300万円でも価値観が合う年収300万円の女性と巡り合うかもしれないじゃないですか?

 

 

世帯年収600万円なら充分に結婚できるし、あなたもキャリアアップや副業などで、少しずつでも年収を増やす努力をすれば、経済面でも楽になるでしょう。

 

 

価値観の合う良い女性と結婚すると、男性は、精神的に安定するので、キャリアアップしやすいというデータもあるのですから。

自分にとって結婚に適した相手を考えて行動していない

先ほど、30代男性で結婚できないのは、圧倒的に行動力が足りないからだとお話ししましたが、実際、圧倒的に行動しているにもかかわらず、結婚できていない30代男性もいるでしょう。

 

 

たとえ、女性を選り好みにしていなくともです。

 

 

そういった男性は、選ぶべき女性を見誤っている可能性があります。

 

 

もちろん、容姿だけで選んでしまう男性は、自分のルックスのレベルに応じて、結婚できない可能性が変わりますが、そうでない人でもしっかりと女性を選ばなければ、結婚できるかできないかは、運頼りになってしまいます。

 

 

もう少し簡単に言うと、自分が結婚して幸せになれる女性の基準を考えずに行動している可能性があるのです。

 

 

だから、タイプの子という理由だけで、性格が合わないと分かっても、ダラダラと粘ってしまいます。

 

 

性格が合わないのに、この子を逃したくないという執着心が粘りの原因となるのです。

 

 

たとえ、そういう子と付き合えたり、結婚できたとしても、あなたが幸せになれる可能性が少ないし、そもそも、結婚に行く前に別れることになって、また、1からやり直しになってしまうでしょう。

 

 

だから、婚活をする前に、結婚相手となる女性の自分にとっての基準を明確にしておく必要があるのです。

 

 

あなたにとって、結婚相手の女性の選び方のヒントとなるかもしれない情報を『失敗しない!結婚相手となる女性の選び方はたった一つだけ』という記事でまとめましたので選び方が分からない男性はご参照ください。

 

 

また、あなたにとっての結婚相手の基準は、あなたが実際に婚活を進めていく上で、現実に合わせて、定期的に、ブラッシュアップしていく必要があるので、はじめに決めたことが絶対的基準となるのではないことにご注意ください。

精神的に未熟で恋愛力の低い男性の10の特徴と改善策

結婚する相手は一人なので、多くのメディアで語られてるように、たくさんの人にモテる必要はないが、好きになった女性と交際に発展させるためには、今からお話しすることを改善して恋愛力を高める必要があります。

 

 

@恋愛のコミュニケーション能力が低すぎる

 

恋愛のコミュニケーション能力とは、男女間の初対面から交際までの共通の会話づくりや会話術みたいなことです。

 

 

会話術と聞くと、他の男性に勝るトーク力や特別に面白いトークをしなければならないと勘違いする人もいるかもしれませんが、そうではありません。

 

 

そもそも、トーク力なんて上には上がいるので、そこそこでいいのです。

 

 

それよりも、話しているときに空気を読めるかどうかが重要だったり、相手の話を盛り上げるために、上手く質問をすることがポイントとなります。

 

 

恋愛経験が乏しい人は、女性と深く関わったことがないので、的外れなことを言う傾向にあるんですね。

 

 

交際するということは、人としてかなり深い部分まで関わっていくことになるので、本音の部分で相手がどう考えているのか知る機会ともなります。

 

 

恋愛経験が多い人は、多くの女性の本音を知っているので、初対面で繕っていても、分かる部分は分かるのですね。

 

 

婚活が恋愛力の低さで上手くいっていない人は、ここを意識したほうがいいでしょう。

 

 

具体的にはどうすれば?

 

まずは、一回で結婚相手を見つけようとするのではなく、練習の気持ちで、相手の話をよく聞き、相手が気持ちよく話せるタイミングで、相槌を打つことから始めます。

 

 

そして、なるべく相手の本音を出させるような雰囲気に持っていくのです。

 

 

相手の本音が出たからといって、それがすべての女性に当てはまるのではないということを認識しながら、こういうタイプは、こう考えているのかという知識をためるのです。

 

 

そして、慣れてきたら、自分の意見を言ってみましょう。

 

 

その時、言った意見に対して、女性はどのように反応するのか確認します。

 

 

こういう女性は、こういうことで少し怒った、反応しなかった、共感してくれたなどのデータを頭の中に入れていくことで、経験が溜まっていきます。

 

 

恋愛経験が乏しい男性は、他の人よりも恋愛面では、努力をしてこなかった(良い悪いの話ではない)ので、こういったデータがないことから、はじめは、データ取りからコツコツとやっていく必要があるのです。

 

 

恋愛経験の乏しい男性の婚活の戦い方や考え方は、『恋愛経験なしの男が婚活で結婚するために必要なこと!』でまとめましたのでご参照ください。

 

 

A器が小さすぎる

 

ある程度、恋愛を経験してきた女性の場合、男性の器の小ささは、すぐに分かります。

 

 

器が小さい人は、自分が器が小さいかどうかが分かってない傾向にあるので、この声が届くかどうかは分かりませんが、改善策をお話しします。

 

 

一つは、簡単な話にまとめられた初心者用でいいので、何冊か哲学書を読むことですね。

 

 

付け焼刃では、意識高い系なだけなので、できれば、哲学を好きになって日常生活に考えを取り入れてもらいたい。

 

 

そうすると、今まで、身の回りで起こった腹立たしいことが、ほんの些細でたいしたことがないことに気づくようになります。

 

 

注意点は、哲学のことを知らない人に話しても理解してもらえないので、女性の前で、熱く語るのはおすすめできません。

 

 

残念ながら、多くの女性は、自分の経験でしか物事を測れない傾向にあるので(それを現実主義と勘違いする傾向にある→ソクラテスの無地の知を是非学んでほしいのだが)、、、。

 

 

逆に、他人から新しい知識を得ようとする女性は、かなり頭が柔軟で賢い女性で希少価値が高い存在だと思います。

 

 

哲学書を読みたくない人へ簡単に器の小さい男だと思われる行動をまとめました。

 

 

 

  • 割り勘にこだわる
  • とにかくケチ臭い
  • こだわる必要のないところでめんどくさいこだわりを見せる
  • 上の内容で自分が面倒くさいことを言っているのに気づかない
  • 他人を認めることができない
  • 他人を批評する
  • すごい人を見ると嫉妬する
  • カップルを見ると嫉妬する
  • 相手の良いところより悪いところを見る
  • 優しくない
  • 思いやりがない
  • やさしさに計算を入れる
  • 目先の利益しか興味がない
  • 得して損をする
  • ちっぽけなプライドを持っている
  • 男尊女卑
  • 女性だから〜しるべきという考え

 

 

 

これらのことを基礎と思い応用して、器の小さい行動をしないようにしましょう。

 

 

こういう考え方の人が減れば、社会ももう少し寛容になるかもしれません。

 

 

B相手の価値観を認められない

 

これも哲学を学ぶことで、解決できるのですが、世の中には、自分と違う価値観の人がたくさん存在します。

 

 

どの考え方が正しいなんて、答えはないことを理解して、相手の話に興味を持ち、こういう価値観の人もいるんだと学ぶこと・姿勢が重要なのです。

 

 

その価値観を学ぼうとする姿勢で、相手に興味を持ち、興味を持たれる女性もあなたに興味を持ち始めるのではないでしょうか?

 

 

C相手からの提案を無下に否定する

 

コミュニケーションで、これから仲良くなろうとする人が何かを提案してきた場合、無下に否定するのはよくありません。

 

 

特に、何の代替え案もないのに、否定するのはどうでしょう?

 

 

 

 

 

「今度、遊園地行かない?」→「遊園地は子供っぽいから嫌だ!」

 

 

「あそこのタコス美味しいから今度行こうよ」→「俺はタコスは嫌いだから行かない」

 

 

 

 

 

このように、否定ばかりするタイプです。

 

 

よく考えてみましょう。

 

 

遊園地くらいいけばいいじゃないですか。

 

 

自分が嫌いな料理でもたまには挑戦してみればいいじゃないですか。

 

 

新しい経験が生まれるかもしれませんよ?

 

 

せめて、遊園地は乗り物酔いをするから、水族館はどう?みたいに代替え案を出しましょう。

 

 

っていうか、大体、誘うのは男の方だから、婚活が上手くいかない男性は、否定される側かもしれませんね。

 

 

こういうノリが悪い女性とは、早々に縁を切ったほうがいいでしょう。

 

 

イケメンで結婚できない人は、こういうのを気を付けてね。

 

 

D自尊心が無駄に低すぎる

 

恋愛経験が乏しかったり、人生において、成功体験が少ないと、自尊心が低くなってしまいます。

 

 

また、幼いころ、親に否定され続けて育ったかもしれませんが、それを嘆いていても結婚できないので、細かいことを考えずに、頑張って改善していきましょう。

 

 

自尊心が低い男性は、結婚に向いている安定的な精神の女性から見ると、頼りなく感じてしまうのですね。

 

 

だから、婚活を通して、マッチングを成功させる、食事にこぎつける、交際をするといったように、小さな成功体験を積み重ねていきましょう。

 

 

また、男女間の恋愛だけでなく、プライベートでも最初は小さくてもいいので、少しずつ成功体験を積み重ねるようにして、自尊心を高めていくといいでしょう。

 

 

E被害妄想が強い男

 

何か出来事があると、自分の悪口だと勘違いしたり、相手が難しいことを話すと自分に攻撃をしていると勘違いする被害妄想な男性は、結婚するのは難しいでしょう。

 

 

なぜなら、彼女の何気ない言葉でも、自分への攻撃とみなしたり、少し連絡が取れなかっただけで、浮気を疑うなど、人間関係自体を保つことが難しいからです。

 

 

たとえば、ネットの記事を読んで勝手に自分に置き換えて頭にきている人なんかは、被害妄想の傾向があるので注意が必要です。

 

 

こういう人の周りは、自分にとって都合の良い人で塗り固まっていて、自分のことを思って意見をしてくれる人を排除する傾向にあります。

 

 

どんなことを言っても付いてくる超依存的な女性がいない限り、結婚は難しいので、少しずつ自省しながら、色々な知識を吸収して、考え方を変えていくように努力することが大事です。

 

 

F人への感謝が足りない

 

普段から人から何かをしてもらうのが当たり前と考えている人は、女性と接触した場合に、どんなに繕っていたとしても、そういった態度がでてしまいます。

 

 

例えば、あからさまに、店員さんへのクレームを言う人は、少ないと思うのですが、無意識の内に、横柄な態度をとっていたり、女性から何かをしてもらったときに、ありがとうといった感謝の気持ちが表せないなどです。

 

 

女性は、思いやりのない態度を結婚後、自分に向けられるかもしれないと不安に思ってしまうので、マイナス評価になるんですね。

 

 

だから、普段から人への感謝、モノへの感謝を忘れずに生きていきましょう。

 

 

意味が分からない人は、人に感謝をする系の本を読むといいですよ。

 

 

G女性を個別に見ることができない考え方

 

これは、自分の経験からしか判断できない男性に多く、例えば、過去に浮気をされた経験があったら、女はみんな浮気をする生き物だと決めつけてしまいます。

 

 

このように、一人の女性がやった行動を全体の女性の行動とみなす考え方だと、せっかく良い女性と出会っても、疑ってかかるので、交際が長続きしません。

 

 

過去に浮気されたり、女性にひどいことをされた経験は、かなりツライのですが、新しく出会った女性が、浮気をしたり、ひどいことをしたわけではないと、頭を切り替えて考えるようにするといいですよ。

 

 

H遊び癖が残っている

 

過去に色々な女性と遊んできた男性が、30代になって、そろそろ落ち着きたいと思った時に、真剣に女性と向き合えなかったり、すぐに手を出してしまうなど、遊び癖が残っていて、女性からの信用がなくなる場合があります。

 

 

こういう男性は、元々恋愛力には、問題がないので、自省しながら、貞操観念が高い女性と接していくうちに、遊び癖が矯正されて、結婚へ結びつくことができます。

 

 

ただし、遊び癖というものは、本人の本質的な性格の部分や本能的な部分があるので、結婚生活を上手く送るのは、結婚する女性選びをしっかりすることと、夢中になれることを見つけるといいでしょう(趣味だけでなく子供が生きがいになるかもしれないが、人によります)。

 

 

I女性に対して態度が偉そう

 

女性に対して、態度が偉そうな男性は、自然恋愛では上手くいくかもしれませんが、婚活女性は、初回の折衝で警戒心が強くなるので、婚活では、ほぼ上手くいかないでしょう。

 

 

そういう男性は、女性を対等だと思っていない男尊女卑の考え方があります。

 

 

上手くいくには、自省して、その考え方を改めるようにしながら、自分が敵わないような年上の女性と結婚するのもいいかもしれません。

 

 

何よりも足りないのは、相手への尊敬の念だからです。

婚活ツールを警戒しすぎ

このページを読んでいる人で、婚活ツール(婚活アプリやサイト、婚活パーティー、結婚相談所)を使うことをためらている人がいるかもしれませんが、そういう人がいたら、考えをすぐに改めたほうがいいでしょう。

 

 

なぜなら、友達の紹介や合コンなんかは、待ちの姿勢なので、いわば、運だめしのようなものです。

 

 

何もなければ、そのまま結婚適齢期が過ぎるでしょう。

 

 

婚活ツールを使ったことがない人で、婚活サービスを使うなんてありえないなと思っている人は、現実世界でダメな人が婚活ツールを使うという先入観を持っていたり、何かにつけ、個人情報流出を恐れているかもしれません。

 

 

まず、現代では、人間関係が希薄になってきて、自然な出会いが少なくなってきているのは、多くのデータから明らかです。

 

 

だから、普通の女性でも婚活ツールを使っている人が多いんですよ。

 

 

そして、大手の婚活サービスを使うことによって、個人情報流出のリスクはほとんどありません(100%ではないですが、事故に遭うくらいですね)。

 

 

手書きでスーパーの応募用紙に住所名前を書き込んで、応募している方がよっぽど危ないと思うのは、私だけでしょうか?

 

 

何かと成功保証を求める男たち

 

また、婚活ツールはお金がかかるので、絶対に結婚相手が見つかるという保証がなければ、始められない人もいるかもしれませんね。

 

 

こういう人は、結婚できるかどうかは、相対的であり確実性を求めるものではないということを30代にもなって理解していないので、考え方を改めると結婚への道のりが近くなるでしょう。

 

 

逆に、婚活で上手くいかないリスクを簡単に取れる人が結婚できる可能性が上がるのです(本当は経験という対価をいただけるのでリスクではないのですが多くの人にとっては理解できないことかもしれません)。

 

 

だから、結婚したいなら、婚活サービスを使うかどうか悩んでも意味がありません。

 

 

できるだけ、多くの女性と出会うために、行動あるのみです。

 

 

当サイトでは、婚活ツールを今まで使ったことがない人向けに、その選び方やおすすめのサービスを厳選して記事でまとめていますので、お役に立てたら嬉しく思います。

 

 

 

 

以上、30代男性で結婚できない男性の特徴と対策でした!

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。

page top